リンクは積極的に張るとアクセスが増える

アフィリエイト関係はもちろん、SEO関係のブログを運営している人は、外部リンクを滅多に張っていないのではないでしょうか?

もちろん、成約してもらうページに外部リンクを張ることは、コンバージョンが下がるので、必要最低限のリンク以外は貼らない方がいいのですが、それ以外のブログ記事には、関連するページの外部リンクを張った方がよいです。

これには、SEO的な観点もあります(ref:なぜPageRankスカルプティングが無効になったのか)が、それ以外にも重要な観点が存在します。

ウェブのHubたれ

「オーソリティ」と「ハブ」という考え方があります。これは何ぞや?というわけですが、大雑把にいうと、オーソリティはそのジャンルの権威とも言うべき存在を指し、ハブというのは情報の集積地という考え方です。

ウェブに関わらず、オーソリティになるのは難しいのですが、ハブになることは比較的簡単です。

ハブになるためには、あるジャンルの情報が、これでもかというくらいあれば、自然とハブとして認められます。ハブとして認められると、そのページ、もしくはブログ自体が大量にリンクされます。

ブログでよくあるのが、或るカテゴリーでまとめた記事群を紹介するエントリーでしょう。「○○が△△になるための13の方法」みたいなやつです。

今まで外部リンクを積極的に張ってこなかった人にとっては、外部リンクを張ることは抵抗があるかもしれません。

ですが、リンクを張ってアクセスを流すと、リンク先の管理人は大体訪問してくれますし、コメントやメールがもらえないにしても、ほとんどの場合感謝しています。

これは僕の経験談によるところが大きいですが…。

GRC検索順位チェックツール*
順位チェックとサイト管理を1つのツールで!検索順位チェックツールGRC*

スポンサード・リンク

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む