ドメインランクを上げると、上位表示されやすくなる

久方ぶりにSEOの話題。きっかけは、ドメイン力を上げる方法をtwitterで見つけたので。

ドメイン自体が保持している力

内部SEO、外部SEOと言われて久しいですが、僕はその他に、ドメイン自体が持つ力、例えばドメイン名に含まれるキーワード、ドメインエイジ、ドメインオーソリティなどをひっくるめたドメインパワーとか、ドメインランクなどと呼ばれるものが存在すると思っています。だいぶ前から。

ここではドメインランクと呼称します。

ドメインランクを上げると出てくるメリット

上記リンク先でも書かれていますが、ROSリンクへの耐性がつきます。ちなみにROSリンクとはRun Of Siteの頭文字をとったもので、例としてはブログのサイドバーからリンクを張られて、結果的にリンク元のサイトの全ページからリンクを貼られている状態のこと。

このROSリンクへの耐性ができます。

ほかには、例えば下層ディレクトやサブドメインで新規にページを作った場合に、比較的早くクロールされたり、上位表示されたりします。

が、メインで公開されていたページのジャンルと違うと認定されたような場合は、あまり上位表示効果がやや弱いかなと思っています。

ドメインランクの可視化ツール

Googleが公式に公表しているわけではありませんが、比較的制度が高い指標ということで、Chromeの拡張の1つである、SEO Site ToolsのSEO Moz Linkscape欄のDomain Rankが参考になると思います。

ちなみに個のDomain Rank、ページランクに似ているような数字が出てきて、小数点以下2桁まで算出されています。

このDomain Rankが絶対、ということはないですが、経験上、割と参考になる数字だと踏んでいます。

つまり、この数字を上げていけば、上位表示されやすいと。

ドメインランクを上げる方法

基本的には、外部リンクによります。割とめちゃくちゃなリンク、例えばスパムまがいな相互リンクでも上がります。ただし個別ページへのリンク、いわゆるディープリンクが少ないと、今度は個別ページへの検索エンジンからの流入がないので、個別ページへの流入を増やしたいなら、ディープリンクを集めましょう。

GRC検索順位チェックツール*
順位チェックとサイト管理を1つのツールで!検索順位チェックツールGRC*

スポンサード・リンク

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む