4月25日ペンギンアップデート雑感

最近は、SEO関連の記事をあまり読んでなかったのですが、GoogleReaderを見ていたらGoogle検索のアップデートが来ておりました。

急いでGRC*を見てみると、幾つかの管理サイトが吹っ飛んでおりました。

ペンギンアップデートで順位が下がったサイトの傾向

あくまで僕のサイトで起こったことのみですが、傾向が見えたのでご紹介すると、

  • 新しいサイト、古いサイトという、サイトの運用年数のは関係なさそう
  • サイト全体で飛んでいるわけではなく、ある特定のキーワードで順位下落が起こっている
  • サイトのインデックス削除はなし

2番目の特定のキーワードというのに絞ってよく考えてみると、どうやら過度のアンカーテキストが原因くさいです。

例えば「FX」で上位表示しているサイトを持っていた場合、僕が上位表示させるなら、「FX」のみのアンカーテキストでリンクをしこたま張り込みます。この場合、「FX」で検索すると、出てこなくなってるはず…

ちなみに上記の場合、「FX 比較」とかで少しリンクを張っているなら、多分それでは順位下落が起こってないとおもいます。

というわけで、アンカーテキストの文言を変更して様子見しております。変にリンクを外すと、多分戻らないかと思いますので。

アンカーテキストはもうちと分散させたほうがいいですね。

GRC検索順位チェックツール*
順位チェックとサイト管理を1つのツールで!検索順位チェックツールGRC*

スポンサード・リンク

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む